医師の転職事情

医師の転職の実情について書いています。

医師が転職をするというのはどういったことなのか? 医師の転職理由やその転職の仕方は一般の職における転職とは少し違います。
近年の医師はスキルアップを希望して転職する人が増えてきています。医師が転職をする場合は現在の仕事と並行させながらするのが一般的で、医師が転職を完了させるまでには早くとも半年はかかると言われています。

現在の医師の数は17万人程で、その内常勤(正規雇用)で働いている医師は13万人程です。そして医師を必要としている医療機関は全国で2万5千人程。どの診療科も医師不足で、常に求人募集を出しているような状況です。

医師が転職をするための方法としては、大きく分けて知人関係を通じたコネクションによるものと、医師転職サイトを利用して個人で転職をするという2つがあります。インターネットが普及する以前はほとんどの医師がコネクションによって転職をしていきました。親交のある人を通じて転職をすることによって転職後の契約を有効に進めることができますし、現職場を辞める際にも極力波風立てずに転職をすることができます。しかしコネクションによる転職は、知人関係でつながる範囲でのみの転職になりますので、必ずしも自分が希望する医療機関に転職できるとは限りません。そして医師同士の関係が親密でないと転職自体そもそも難しいでしょう。現在でも転職をする医師の7割がコネクションによるものです。
近年では自分で希望する医療機関に転職をするために医師転職サイトを利用する医師の数も増えてきています。医師転職サイトには中途採用の求人案件が集まることはもちろん、医師の求人市場に精通しているプロのコンサルタントが常駐するため、普段の業務ではなかなか知ることのない医師の求人市場事情についても詳しく聞くことができます。医師は転職の際に的確なタイミングや、合致した希望条件を提示しないと転職というものは上手くいきません。その辺りのことはコンサルタントが熟知しており、かつ求人票にない案件も直接コンサルタントが交渉をして引き出してきてくれます。契約条件面の交渉や面接日程の打ち合わせ、その他の事務作業も含めてコンサルタントが代行して行ってくれるので医師にかかる負担というものは少なくて済みます。

医師転職サイトは数多くありますが、実際に利用する際には数社に絞って転職活動をしていきましょう。複数に登録することによって色んな会社のコンサルタントを利用して効率よく、かつ希望通りの案件にたどり着くことができます。医師が転職を考える際には医師転職サイトの利用を検討の1つに入れましょう。

a0001_014036

医師でもキャッシングを利用しないとは限りませんし、利用して延滞したり、大きな借金を抱えて破産するようなこともないわけではありません。
そのようにしてブラック認定を受けた場合、キャッシングを受けようと思ったら、大手消費者金融や銀行などでは融資を受けることができません。
ブラックでもキャッシングを受けたい場合には手段がないと言っても過言ではありませんが、唯一ブラックキャッシングはブラックの人でも融資を受けるチャンスがあります。
医師の人でも困った時にはブラックキャッシングを利用しましょう。

○お子さんがもしゲームの専門学校に通いたいと言ったら・・・
医師の家系によくあるのは、子供も医師を目指して、もし「ゲームを作りたい」とゲーム専門学校を志したとしても、親が反対するケースですね。
子供なら幼い頃に感動をしたもの、影響を受けたものに向けて進路を選ぶことがあるため、「ゲーム専門学校に通いたい」という欲求を
子供に抱かせないためにも、小さい頃からゲームに触れさせなかったり時間を決めさせたりという家庭が多いです。
そういった制約を受けない子供は幼い頃からアニメやゲームに多く触れるため、例えばアイドルや声優になりたい、ゲーム専門学校に通いたい、
プロダクションに所属したいという希望者が増え、現状のようにサブカルチャー志望の若者が増えているのです。
医師であれば自分の子供も立派な医師に育てたいという気持ちはわかりますが、子供がもしゲーム専門学校に通って
本気でゲームクリエイターになりたいと考えたら、無理して医師になっても後々引きづりますので、よく考えてあげることが大切です。

ゲーム専門学校で子供の夢を叶える